menu

防犯法律相談(専門家及び弁護士対応・行政連絡対応)

危機的状態が逼迫する前に、法律面から解決に導くことを目指します。

当協会では、警察でも適切な対応が難しいストーカーなどの犯罪行為に対して、民間の専門家や弁護士によるサポートで法律の面から出来る最大限の対応を行うことで、ご相談者様の不安を軽減するお手伝いをさせていただきます。
また、企業様における悪質なクレーマーによるトラブルなどのご相談もお受けしております。

危機的状態が逼迫する前に、法律面から解決に導くことを目指し、皆様が安心して普段の日常を暮らせるようにサポートさせていただきす。

ご相談は無料です。

 

ストーカー犯罪に対しては警察が動いてくれない?

防犯対策は、基本的に状況を把握した上での警察もしくは関係機関への相談と届け出を最優先します。
しかし、ストーカー犯罪に対しては警察が動いてくれないという声をよく耳にします。
これもまた現実的に難しい問題です。

届け出無く直接的なアプローチが有った場合には護身的行動をとったとしても罰せられる可能性があります。
届け出を行なったとしても実害の無い時点での警察が介入できる範囲は限られてしまいます。

危機的状況が逼迫状態でないのであれば、防犯カメラやセンサー等の防犯設備の設置を行うことも手段の一つです。
しかし、危機的状況が深刻であれば対象者を近づけないなどの法的対応が取れる可能性があります。
きちんとした届け出などを行い、それでも不安が解消しない場合にはお気軽にご相談ください。
当協会がサポートさせていてだきます。

 

護身用品を特別な理由なく持ち歩く事は軽犯罪法に触れる可能性があります。

護身用品として知られている催涙スプレーも、特別な理由なく持ち歩く事は軽犯罪法に触れる可能性があります。
〜特別な理由〜という言葉が壁になりなかなか自己防衛を準備できないのも実情です。

原則として護身用品は、自宅もしくは施設内においてディフェンス的使用方法をするアイテムです。

しかし危機的条件下での外出では一人になる不安な時間はかなり多いと思います。
護身用品を携帯すること・・・これもまた逼迫状況での自身の自己防衛のあり方を法律の面から正当化できるかもしれません。

ストーカー的犯罪は特に法律相談が重要となります。
当協会の専門家がサポートさせていてだきますので、お気軽にご相談ください。

 


お気軽にお問い合わせください。
ベストなサポートをご提案させていてだきます。
 
お問い合わせ

 

 

防犯法律相談・行政連絡対応   反社チェック   防犯設備等コンサルティング   警備・警護に関する相談   医療防犯フィジカルサポート   資格認定制度